スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お腹いっぱい

141111blog12.jpg
企画の段階では写心がメインで文章は少しの予定でした。
それがフォトエッセイに変わった。
半年で全部の書き直しを三回、細かいところを入れたら数えられない。
赤ペンだらけの日々でした。
今でも、これを書いたらよかった〜もっと伝えたいことがあった〜
とかきりがないです。
本に記載されているのは8家族ですが、100家族分ぐらいを書かせて頂きました。
その中から僕以外の関係者が選ぶ形、僕が入ると思い入れがあったり、別の感情が入るからとこと。
今回、老犬さんの家族の方々と懐かしく話す機会があり、感じたことがあります。
それは『シアワセな後悔』という言葉が思い浮かんだ。

141111blog11.jpg
『一度でいいから、お腹いっぱい食べさせたかった。』
食いしん坊さん、頭の中が食べることでいっぱい、台所は女子ゴルの聖地。
食に関してはいろいろなエピソードや思い出がいっぱい。
『もうボール遊びはいいです。』
『もう泳げません〜』
『今日は散歩には行きません』って言わせたかったって。

現実には体のことを考えると無理なことなんですが、
いたずらっ子が家族の留守の間にフードをお腹いっぱいに食べた。
家族でバーベーキュに行く途中でサービスエリアで休憩中に、車ですべてのお肉を食べた。
いけないことなんですが、でも楽しかっただろうなぁ〜

ホタルの若い頃、琵琶湖で泳いでいて、帰ることを察知して琵琶湖から上がってこなくて、
お追いかけると岸の方へ泳いで行くし、こっちも頭に血が上ってくるし、
でも、今思えば、怒らなければよかった。
もっと泳がせてあげればよかった。。。そんなシアワセの後悔をしています。

141111blog10.jpg
明日〜とか、今度ね〜とか、ではなく老犬さんは今が全てなんですよね。
本当にまいにちがシアワセ記念日でありますように。
そう想いながら、今日の一日を過ごして欲しいです。

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございます

「老犬ものがたり~フォトブック」を拝読いたしました。
私も老犬が大好きです。
今まで、見送った子を想いかえします。
去年、レスキューされたじゅりーを見送りました。
推定年齢13歳で、家族になってくれました。
一緒に過ごせましたのは、2年9ヶ月でした。
お別れがきてしまう・・・それでも高齢の子を私は、お迎えしたかった。
ぼろぼろで、傷ついた心でも、笑顔の彼女達の最期の命がきらきらと輝きますように・・・とこれからも願わずにはいられません。
素敵なフォトブックをありがとうございました。
いつか、家族をお迎えする時、私はやはり、高齢の子や病気・障がいのある子をお迎えします。

今年、ホタパパ様の写真展へ行きたいです。
そして、ルシオールへも伺いたいです。

ホタちゃん、岳ちゃん、ホタパパ様、そして、皆さんの子達がやさしく、きらきらと輝いて過ごせますように・・・。


ありがとうございます

何気ない毎日
いつもの毎日
「シアワセ記念日」
その通りですね。

ありがとうございます。

犬の写心家とホタルBLOG

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
facebook
Instagram

Instagram
twitter
電子書籍
写心集「ホタル&岳」
「ホタル&岳」の写真集

ぐらんわん!の出版元である「KAIGAN books」からリリースされています。アプリのダウンロードは無料です。アプリ内課金にある「ホタル&岳」(300円)、ダイジェスト版(無料)もあります。
記事検索
温かく読ませてもらっています。
過去ログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。